不動産登記書と重要事項説明書

不動産を売買するときの必要書類に登記書と重要事項説明書があります。前者は、不動産が買主のものになったと証明するもので、地目や地積など詳細に書き記されています。重要事項説明書は、宅地建物取引主任者が説明するもので、契約の詳細が記されています。これらの書類は法的効果があり、実印を捺印します。登記には、家をローンで購入したときに、金融機関が建物や土地に抵当権を付け、ローンの返済が滞った場合、家を売って換金するためのものもあります。物件を購入するときは、これらをよく読み、理解しておかなければ、後々トラブルの原因にもなりかねません。

不動産登記は司法書士に相談を

不動産登記申請手続きは主に司法書士が業務として行っています。事故申請も当然可能ですが、事実関係の調査や申請に必要な書類を揃えたりする手間などを考えると依頼するほうが手間がかからないでしょう。また、売買に限らず、遺産相続などによって、所有権を取得することになった時なども司法書士に相談することができます。所有権移転だけではなく、登記事項証明書の所有権以外の権利についても相談することができるので、不動産に地上権を設定する場合、土地に地役権をつける場合、抵当権を設定する時なども相談をすることができるでしょう。

↑PAGE TOP