登記にも費用が掛かるのが不動産

不動産の運用をする場合、登記が必要になります。自分自身でもすることができますが然るべき場所にそれを依頼することになりますので、費用が掛かるでしょう。またそのお金が大きくなることが多く、たとえローンを組んだとしても大きな負担になることが多いです。金利が低くなるのが不動産ローンになりますが、そのような登記にかかる費用によっては大きな負担になることが多く、結局金利はあまり魅力的にならなかったということもあり得ます。目先の金利ばかりに着目をしないで、あくまでも総体的に物事を判断し、自分にとって有利になるように計画を立てましょう。

登記は第三者対抗要件として必要

不動産売買をした時には、所有権移転登記申請を行うことになります。また、銀行などから住宅ローンの借り入れをした際にも、土地や建物に抵当権を設定することになり、登記申請が必要になることが多いでしょう。権利に関する部分は、表題部と違い義務はありませんが、第三者対抗要件となることから、しっかりと申請をしておくことがとても重要となります。基本的には不動産業者から紹介された司法書士などに手続きをお願いすることになりますが、知り合いに司法書士の先生がいるような場合には、その先生に手続きをお願いするのも良いでしょう。

↑PAGE TOP